アデホスコーワ顆粒10% - Adetphos kowa Granule

アデホスコーワ顆粒10%:二重盲検比較試験

対象

メニエール病128例、末梢性めまい98例の計226例/19施設

方法

アデホスコーワ顆粒10%(ATP-2Naとして300mg/日)またはベタヒスチンメシル酸塩(36mg/日)を1日3回、4週間経口投与し、臨床的効果を二重盲検法により比較検討した。

※販売名:メダンコーワ錠(興和株式会社で1976〜1988年に販売された薬剤)

結果

グラフ:結果

自覚症状

めまい感(性状、程度、持続時間)および随伴症状(耳鳴、難聴、耳閉感、音過敏、悪心・嘔吐、頭痛)の重篤度の推移により治療前と比較して5段階に分け評価した結果、中等度改善以上においてアデホスコーワ群はベタヒスチンメシル酸塩群に比較して有意に優る結果となった。

他覚所見

平衡機能および聴覚検査を実施し、重篤度の推移を治療前と比較し、5段階に分け評価した結果、中等度改善以上においてアデホスコーワ群はベタヒスチンメシル酸塩群に比較して有意に優る結果となった。

総合改善度

自覚症状および他覚所見の判定結果を総合し、主治医が総合改善度を5段階に分け判定した結果、中等度改善以上においてアデホスコーワ群はベタヒスチンメシル酸塩群に比較して有意に優る結果となった。

副作用

アデホスコーワ群で3例(2.5%)に認められた。副作用の内訳は、かゆみ、胃痛、胃部不快感が各1例であった。

水越 鉄理他:医学のあゆみ 126:987.1983